浴槽交換する時の工事費込みの費用相場&15のお風呂が快適に感じる浴槽の選び方!

      2017/07/27

浴室交換のリフォーム

浴槽交換の一般的な費用相場

一般的な価格帯・・・35~50万前後

【目次】↓下記タップで各項目に飛びます


【PickUp!】千葉で多くの方から信頼されているリフォーム会社知ってます?

なぜ千葉県で多くの方から支持されているのか?それは営業マンでは無く、工事担当や建築士がしっかり提案してくれるのが信頼できると評判らしいです。

千葉で依頼主の事を考えて提案してくれるリフォーム会社を確認する

浴槽交換は「専門知識」を持つ信頼できるリフォーム会社に依頼しよう

在来工法の浴槽交換

在来工法の浴室を長く使っていると、塗装が剥げてしまったり、水漏れを起こしてしまったりと、経年劣化を起こして使いにくくなってしまいます。

時間が経つと様々な不具合を浴槽は誘発させてしまいます。

けれども、浴槽部分の施工は最近よく話題に上がる様な「多能工」の様な、専門知識を持ち合わせていない職人の工事だと色々と不備が出てしまいます。

下記には、多能工では無く「専門知識を持つ職人」が工事を担当するリフォーム会社「ケアフル」の詳細や工事事例をご紹介しています。

浴槽交換の工事で失敗したくないと言う方は、下記の情報をご参考ください。

浴槽交換を千葉で行う工事費の価格相場を知ろう!40万円前後が多い費用帯です

浴槽交換を千葉で行う工事費の価格相場を知ろう!40万円前後が多い費用帯です

今回はそういった、浴槽リフォームにはどれ位の費用がかかるのか、価格相場とリフォーム方法のポイントなどまとめてみました。

浴槽リフォームの価格相場は、このような費用となります。

一般的な普及品の浴槽で、計算をしてみました。

・浴槽価格 200,000円程
・既存浴槽解体撤去 50,000円程
・既存浴槽廃材処分費 20,000円程度
・新規浴槽周りモルタル及び補修 40,000円程
・給排水工事 40,000円程度
・その他壁等の補修費 50,000円程度

合計400,000円程度のリフォーム費用となります。

費用が前後するとしても、35~50万円程はかかると把握しておくと間違いありません。

浴槽にも種類が有る!それぞれのメリットデメリットを知ってから選ぼう

浴槽にも種類が有る!それぞれのメリットデメリットを知ってから選ぼう

浴槽と一口に言っても、様々な種類があります。

せっかく浴槽をリフォームするのであれば、どのような種類があるのか、それぞれのメリットデメリットを把握してから工事を行う様にしましょう。

一般的に浴槽の大きさの種類は、大きく分けて「和式」「洋式」「和洋折衷」と言った3つの種類があります。

下記にはそういった、浴槽それぞれのメリットデメリットを詳しくまとめていますのでご参考ください。

浴槽交換の値段が格安!集合住宅などに多い和式浴槽

浴槽交換の値段が格安!集合住宅などに多い和式浴槽

昔からある浴槽の種類であり、狭く深い浴槽と言うとわかりやすいかもしれません。

座って入浴するタイプであり、狭く深い作りでも満足して入浴が出来るタイプです。

費用がお安いのが最大のメリットであり、深いのでまたぎ高さが高いのと足を伸ばして入る事が出来ないのがデメリットといえます。

足が伸ばせてゆったり入れる!戸建てリフォームなら洋式浴槽

足が伸ばせてゆったり入れる!戸建てリフォームなら洋式浴槽

和式浴槽とは全く違う形となり、足を伸ばして入ったり寝ながら入浴が可能な浴槽タイプです。

幅が120~180cmと大変長く、深さは45cm程度と浅いので足を伸ばさないと方まで浸かる事が出来ません。

広く足を伸ばす事は物凄く快適ですが、深さが低い事で肩が冷えやすく立ちづらく滑りやすい傾向があります。

近年では最も人気が高い!良い所取りの和洋折衷浴槽

近年では最も人気が高い!良い所取りの和洋折衷浴槽

ネーミングの通り、和式浴槽と洋式浴槽の中間タイプの浴槽となります。

幅は110~160cm程であり、深さは60cm前後あります。

1番人気のあるタイプであり、種類や素材のバリエーションがとても豊富にあります。

和式浴槽は狭くまたぎ高さが高いのが難点であり、洋式浴槽は浅すぎるのが難点です。

その為、近年は和洋折衷浴槽が大変人気があります。

浴槽単体もそうですが、ユニットバスでも和洋折衷型が大変多くあります。

浴槽の素材は大きく分けて5種類!素材ごとの利点を把握しよう

浴槽の素材は大きく分けて5種類!素材ごとの利点を把握しよう

昔はステンレスとFRP程度しかなかった浴槽の素材は、近年は様々な素材があります。

好みの素材の浴槽を採用する事で、入浴の際の快適さに差が発生します。

また、素材によっては経年による浴槽自体のきばみや変色をしてしまう事も。

下記にはそういった、どのような浴槽素材の種類があるのか、それぞれの特徴を素材ごとにご紹介致します。

価格が安くコストパフォーマンスが高い!FRP浴槽

価格が安くコストパフォーマンスが高い!FRP浴槽

数ある浴槽の中で、FRP製の浴槽が主流です。

価格がリーズナブルであり熱伝導率が低いので、湯温の低下を防ぐ事が出来ます。

汚れが付きやすい傾向があり、お掃除を怠ると汚れが付着してしまうのが難点といえます。また、経年や日焼けなどにより黄ばみが発生しやすい

価格相場は大きさによって違い、50,000~350,000円程となります。

FRPよりワンランクの浴槽!手触り滑らかな人工大理石浴槽

FRPよりワンランクの浴槽!手触り滑らかな人工大理石浴槽

人工大理石の浴槽は、FRP浴槽をグレードアップさせた感じとなりますので、FRP浴槽が好きなユーザーに大変人気がある浴槽です。

人工大理石浴槽には、ポリエステル系とアクリル系があります。

ポリエステル系の方がアクリル系より安価であり、アクリル系は手触りが滑ら可であり透明感があるのが大きな特徴となります。

汚れが付着しにくい性質があり、清掃性が高いのも大きなポイントとなります。

長期間使い続けても劣化しにくいので、長い間快適な状態で使い続ける事が出来ます。

価格相場は大きさによって異なり、ポリエステル系の場合100,000~400,000円程、アクリル系の場合300,000~1,200,000円程となります。

独特な雰囲気でコアなファンが多い!ホーロー浴槽

独特な雰囲気でコアなファンが多い!ホーロー浴槽

【チェック!】千葉県内の口コミNo1リフォーム会社
『ケアフルリフォーム』

千葉でおすすめリフォーム会社

職人や建築士が見積もりするリフォーム店!※施工事例は下記リンクからご確認ください

ホーロー浴槽は、鋳物と銅板の2つの種類があります。ガラス質で仕上げられているので、触感が抜群となります。

ガラス質が傷つく事で、サビが発生する事があります。

鋳物の場合重さがあるので重量が重く、1階以外の場所に採用する事は適しておりません。

ホーロー独自の雰囲気がお好きな方には、オススメの浴槽素材です。

価格相場は大きさにより異なりますが、160,000~1,500,000円程となります。

耐久性が高く見た目がおしゃれ!金属感が好きな方におすすめのステンレス浴槽

耐久性が高く見た目がおしゃれ!金属感が好きな方におすすめのステンレス浴槽

ステンレス浴槽は、FRP浴槽と並び昔から人気のある浴槽素材です。

耐久性や保温性に長けており、見た目のシャープさから現在でもユーザーが多くいらっしゃいます。

金属の雰囲気むき出しの浴槽素材ですので、金属特有の雰囲気が苦手な方にはオススメ出来ません。

価格相場は大きさによって異なりますが、70,000~250,000円程となります。

木の香りを楽しみたい高級志向な方に人気!木製浴槽

木の香りを楽しみたい高級志向な方に人気!木製浴槽

木製のいい香りや雰囲気がお好きな方に、オススメの浴槽素材となります。

木製浴槽は、使う木材の種類やサイズにより費用に大きな差が発生します。

人気の木製の種類は、ヒノキやヒバ、槙等が人気があります。

価格相場はヒノキ浴槽で300,000~1,200,000円程度、ヒバ浴槽で250,000~600,000円程度、槙浴槽で180,000~800,000程の費用となります。

浴槽交換の工期は4日以上かかる!その間はお風呂に入れません

浴槽交換の工期は4日以上かかる!その間はお風呂に入れません

浴槽交換のリフォームは一般的に4~8日程の工期がかかります。

最低4日はお風呂を使う事が出来ませんので、銭湯等の他のお風呂の利用が必要となります。

浴槽交換のリフォームは、このような工事の流れで行っていきます。

既存浴槽解体撤去 1日程度

既存浴槽を、ピック等の解体器具を用いて解体撤去します。

強固にモルタルで取り付いておりますので、早くて1日かかります。

新規給排水工事 半日程度

新規浴槽に繋がる、給排水工事を行います。

浴槽周りモルタル補修 半日程度

新規浴槽周りをモルタルで補修します。

新規浴槽設置 半日程度

新規浴槽を、設置します。

新規浴槽へ給排水管接続 半日程度

新規浴槽へ、給排水管を接続します。

新規浴槽周り補修及び壁解体部分補修 1~5日ほど

新規浴槽周の補修を行い、浴槽搬入の際に壁の一部を解体した場合は、壁の復旧工事を行います。

浴槽交換のリフォーム時には浴室のこんな部分も一緒に工事を行おう

浴槽交換のリフォーム時には浴室のこんな部分も一緒に工事を行おう

浴槽が新しくなったのであれば、他の部分のリフォームにも目を向けるようにしましょう。

と言うのも、どうせなら一緒に他の部分も工事を行った方がお得だからです。

ゆくゆくはリフォームしなくてはいけない部位も一緒に行う事により、効率的に工事を業者も進められるので費用もディスカウントしてもらえる事が多いのです。

また、当然ではありますが浴室も新しくなった方が、浴槽のみをリフォームするよりも当然快適なお風呂に変わります。

なので、下記の様な点も一度リフォームするか検討されてみてはいかがでしょうか。

滑りにくく安全な床に!浴室の床の張り替え

滑りにくく安全な床に!浴室の床の張り替え

浴槽解体の際に床にも解体が及んでしまいますので、一緒にリフォームを行うと良いでしょう。

床に使うタイルは滑りにくいタイルを採用すると、今までに無かった快適な床にする事が出来ます。

お子さんがいたり、高齢者の方がいるご家庭は、こういう施工をするとお風呂に一人で入っても安心出来ますね。

浴室内の移動もスムーズに!手すりの取り付け

浴室内の移動もスムーズに!手すりの取り付け

浴槽が新しくなったのであれば、浴室内の動きも快適になるとより使いやすくなります。

浴室は裸足で歩く空間ですので、動きやすさはとても重要となります。そこで目を向けて欲しいのが、手すりの取り付けです。

浴槽の出入りの際にスムーズにする事が出来ますので、オススメです。

掃除しやすく汚れにくい素材にチェンジ!浴室の壁の張替え

掃除しやすく汚れにくい素材にチェンジ!浴室の壁の張替え

浴槽解体の際に壁にも解体が及んでしまいますので、一緒にリフォームを行うと良いでしょう。

壁に使うタイルは、デザイン性や意匠性に富んだ物を選ぶと、新しい浴槽がとても映えます。

また、カビが生えにくい素材等を選びことにより、お掃除やメンテナンスなどの負担が大分軽減されます。

省エネ&美容効果も得られる!シャワーや水栓金具の取り換え

省エネ&美容効果も得られる!シャワーや水栓金具の取り換え

近年のシャワーや水栓金具は使いやすさが充実しており、今までにない快適さを得る事が出来ます。

シャワーは節水型がオススメであり、水栓金具は混合栓やサーモ付きの物がオススメです。

マイクロバブル等を選ぶと美容効果が得られたり、ジェット水流などに切り替えられる物だと、お掃除を行った時に泡を流しやすかったりするメリットが有ります。

お風呂の浴槽を交換する時の気を付けたいポイントをまとめると…

お風呂の浴槽を交換する時の気を付けたいポイントをまとめると…

  • 浴槽の交換工事は多能工では無く「専門の職人」に依頼を行おう
  • 工事費用として多い価格帯は40万円前後
  • 浴槽の種類は大きく分けて3種類ある
  • 素材ひとつで浴槽は大分かわる!素材の特徴を捉えて選定しよう
  • 工期は最低4日!その間はお風呂は入れないと考えよう
  • 浴槽だけでは無く、部分的にお得な部位が有る

浴槽が変わる事で、浴室の雰囲気がガラッと変わります。

快適な入浴とする事が出来ますので、理想的な浴槽を使ったリフォームとするようにしましょう。

プラスして付属部分のリフォームも一緒に行う事で、快適な浴室に導く事が出来ます。

千葉県で口コミNo.1のリフォーム会社「ケアフルリフォーム」

ケアフルリフォーム

 千葉県での評判がとても良いリフォーム会社で、多くの方から支持を得ています。

ケアフルリフォームが人気の理由としては、下記の事がポイントになっています。

・大手以上の高品質の施工が格安で提供してくれる

・見積り時にはセールスマンでは無く職人経験の長い工事担当者が来てくれる

・しつこい売り込みや余計な部分のセールスが無い

・見積り→工事→完了→アフターフォローまで一人の担当者が行ってくれるので間違いが無い

・後で追加工事が入る様なリフォームパックでは無く、一軒一軒家に合った提案を行ってくれる

 

ケアフルのリフォーム事例を確認する

※下記の項目をクリックで事例の確認ができます。

| 戸建て住宅 | マンション | 外壁塗装・サイディング | 雨漏り修理 | キッチン | 浴室工事 | 内装リフォーム|

 - 千葉でお風呂のリフォームをする前に知っておくと良い情報