輸入住宅のリフォームで『業者が教えてくれない』4つの注意点とデメリット!

   

輸入住宅のリフォーム

輸入住宅のリフォームで『業者が教えてくれない』4つの注意点とデメリット

<目次>

【PickUp!】千葉で多くの方から信頼されているリフォーム会社知ってます?

なぜ千葉県で多くの方から支持されているのか?それは営業マンでは無く、工事担当や建築士がしっかり提案してくれるのが信頼できると評判らしいです。

千葉で依頼主の事を考えて提案してくれるリフォーム会社を確認する

輸入住宅のリフォームを行う時は「技術力の有る」業者に依頼しよう

千葉の輸入住宅

輸入住宅は見た目に特徴的でスタイリッシュですので、年々人気を得ている住宅です。しかし、輸入住宅ゆえのデメリットも存在します。

それは「リフォームやメンテナンスが一般の住宅と異なる」と言う点です。

輸入住宅は、一般的な日本の住宅とは作りが全く違います。その為、リフォームとなると面倒な問題が発生してしまう事があります。

なので、技術力のしっかりとした信頼できる業者にこういう仕事は依頼すべきです。

下記には千葉県で技術力が高いと定評の有る「ケアフルリフォーム」の詳細と施工事例が掲載されています。

輸入住宅の施工例も掲載されているので、一度確認されてみてはいかがでしょう。

輸入住宅のリフォームは割高?知っておきたい4つのデメリット

輸入住宅のリフォームは割高?知っておきたい4つのデメリット

輸入住宅と日本の住宅との大きな違いは、建物の作りが全く違うという事です。

作りが全く違う事で、リフォームの際にはこれらの不具合が発生してしまいます。

下記には、輸入住宅のリフォームの注意点等、輸入住宅に対する注意点などのポイントをまとめてみました。

現在輸入住宅にお住いの方は、下記の事を踏まえた上でのリフォームを行ってくださいね。

輸入住宅のリフォームは「腕の良い職人」しか対応できない

輸入住宅のリフォームは「腕の良い職人」しか対応できない

輸入住宅の施工は、経験の深い技術力の有る職人さんじゃないとリフォームの施工が難しい場合があります。

多能工と呼ばれる「浅く広く」の職人さんでは輸入住宅の仕組みがわからず、対応できない事があります。

出来るリフォームの内容の限界があり、手の込んだリフォームは出来ない傾向があります。

その為、輸入住宅のリフォームの場合は、技術力に定評のある業者にお願いする事が1番スムーズに進むリフォームとなります。

輸入住宅の場合「リフォームをする材料」が高い!

輸入住宅の場合「リフォームをする材料」が高い!

リフォームの際は、輸入住宅に適した専用の材料を使って行うのですが、殆どの場合海外からの取り寄せとなってしまいます。

その為、郵送費もかかかり材料費もお安くないので、費用が大きくかかってしまうのが大きな難点といえます。

一般的な日本製の住宅に使う材料と比べると、1.5~2倍程の高い材料となってしまいます。

経済的に大きな負担となってしまい、リフォーム費用が莫大な費用となってしまいます。

輸入住宅のリフォームは、費用に余裕を持って行わないといけません。

リフォーム材料の取り寄せに時間がかかってしまう

リフォーム材料の取り寄せに時間がかかってしまう

材料の取り寄せが海外からの場合が多く、材料調達まで時間がかかってしまいリフォーム時間が長くなってしまいます。

また、リフォーム途中で材料が足りないと思っても、また海外から取り寄せしないといけないので工事が中断してしまう事があります。

早い場合3週間程度、時間がかかる場合は3か月以上かかってしまう場合もあります。

どちらにしても、輸入住宅のリフォームの場合は、余裕を持った工程で行わなければいけません

輸入住宅のリフォームは間取りの変更が難しい

輸入住宅のリフォームは間取りの変更が難しい

リフォームの際に間取りの変更をしたい場合、一般的な住宅の場合は壁を取り除く等の空間を広げるリフォームが可能ですが、輸入住宅の場合大規模な間取り変更が難しい傾向があります。

壁の構造が特殊であるゆえに、壁の取り外しが難しい傾向があります。

また、痛んでしまった壁をリフォームで直す際も、難しい場合があります。

輸入住宅のメーカーにより構造が異なりますので、新築の際に事前に間取り変更の有無を確認すると良いでしょう。

このように、いざリフォームを行おうとしても、様々な難題により先に進みにくく費用も多額にかかってしまいます。

輸入住宅ゆえに仕方のない事ではありますが、後に扱いにくくなってしまう建物というのは決して良い物とは言えなくなります。

輸入住宅を採用する場合は、これらの覚悟を持って選択する事をオススメします。

また、これから中古の輸入住宅を購入してリフォームを検討されている方は、下記の記事もご参考ください。

輸入住宅のリフォームで失敗しない為のポイント

輸入住宅のリフォームで失敗しない為のポイント

輸入住宅のリフォームをスムーズに進めるポイントは、輸入住宅の扱いに富んだ専門の業者を選択する事です。

一般的な業者では輸入住宅の仕組みは一切わからないので対応が難しく、出来るリフォームと出来ないリフォームに分かれてしまいます。

輸入住宅は使う材料や工法が特殊なので、技術力が有る会社に依頼する事が大事です。

こんなリフォームは輸入住宅でも出来る?部分別に解説

こんなリフォームは輸入住宅でも出来る?部分別に解説

リフォームを行う前の打ち合わせの時点で、図面を全て業者に見せて理解してもらいましょう

その上、リフォームを進めるようにすると、スムーズに進める事が出来ます。

一般の業者の場合、以下のようなリフォームであれば可能となります。

ただ、輸入物の材料全て手に入れる事は困難でありますので、部分的には日本の材料を使うリフォームになると考えましょう。

内装のリフォーム

床の張替えや壁天井の張替えのリフォームは、日本の素材でも張り替えが可能です。

キッチンやトイレなどの備品のリフォーム

キッチンやトイレなどの備品のリフォームも、日本製の素材でもリフォームが可能となります。

輸入住宅の設備機器の給排水は特殊な物もありますが、リフォーム用の設備機器を採用する事賄えます。

塗装工事のリフォーム

外壁や内壁、玄関ドアや窓枠などの塗装工事は、日本製の塗料でも問題ありません。

照明器具の取り換え

輸入住宅の照明器具と配線やソケットが合わない場合は、その都度日本製に取り替えて取り付けとなります。

この様な表立ったリフォームであれば、日本製の素材でも輸入住宅のリフォームが可能となります。

ただ、どうしてもキッチンやお風呂などを輸入性の物にしたい、間取りの変更等は難しいと考えて下さい。

日本の企業で扱っている材料の中にも輸入住宅に取り付けても違和感ない材料がありますので、見た目的に気になりませんので快適なリフォームとする事が出来ます。

輸入住宅のリフォームで間違わない為のポイントをまとめると…

輸入住宅のリフォームで間違わない為のポイントをまとめると…

・輸入住宅のリフォームを行う時には「技術力に定評のある業者」に依頼しよう
・日本の住宅リフォームと違い費用は高め
・リフォームする建材が手に入り辛い事も
・基本的には「間取り変更」は行えません
・多少の妥協も輸入住宅のリフォームには必要です

 

このように、輸入住宅をリフォームする際は、様々な難点に当たってしまう事があります。

新築の際には輸入住宅に拘っても、いざリフォームの際は細かいこだわりは捨てて使いやすいリフォームに導く考え方をオススメします

千葉県で口コミNo.1のリフォーム会社「ケアフルリフォーム」

ケアフルリフォーム

 千葉県での評判がとても良いリフォーム会社で、多くの方から支持を得ています。

ケアフルリフォームが人気の理由としては、下記の事がポイントになっています。

・大手以上の高品質の施工が格安で提供してくれる

・見積り時にはセールスマンでは無く職人経験の長い工事担当者が来てくれる

・しつこい売り込みや余計な部分のセールスが無い

・見積り→工事→完了→アフターフォローまで一人の担当者が行ってくれるので間違いが無い

・後で追加工事が入る様なリフォームパックでは無く、一軒一軒家に合った提案を行ってくれる

 

ケアフルのリフォーム事例を確認する

※下記の項目をクリックで事例の確認ができます。

| 戸建て住宅 | マンション | 外壁塗装・サイディング | 雨漏り修理 | キッチン | 浴室工事 | 内装リフォーム|

 - 千葉で住みやすいリフォームを行う際に必要な事