建具の修理費用相場はいくら?千葉で直す場合の平均価格を調べてみた結果

   

建具リフォーム

部屋のドアを直すのに、どの位の値段が掛かるんだろう?

洗面所を引き戸にしたいけれども、いくら位見て置けば良いの?

最近クローゼットの扉が調子悪い。リフォームすべき?

こういう事が気になって、ネットで調べている方も多いのでは無いでしょうか。

今回はそういった、扉やドアなどの『建具』をリフォームする費用目安をカンタンにまとめました。

ちばリフォ君

こんにちわ!千葉のリフォーム案内人「ちばリフォ君」です。

今回はこういった、建具のリフォーム価格目安や注意点等をわかり易くまとめてみたよ!

専門用語少なくわかり易くまとめたので、ご参考ください。

それでは参ります!

建具の修理費用相場はいくら?千葉で直す場合の平均価格

【PickUp!】千葉で多くの方から信頼されているリフォーム会社知ってます?

なぜ千葉県で多くの方から支持されているのか?それは営業マンでは無く、工事担当や建築士がしっかり提案してくれるのが信頼できると評判らしいです。

千葉で依頼主の事を考えて提案してくれるリフォーム会社を確認する

建具にも寿命が有る!適切なリフォームやメンテナンスを行おう

適切なリフォームやメンテナンスを行おう

ドアや建具には寿命があり、たてつけが悪くなったり、使い勝手が悪くなった場合はもう交換やメンテナンスの時期かも知れません。

放置してしまうと、周辺部位に悪い影響を与えてしまう事も。

なので、建付けが悪くなったり感じた時には、プロに一度相談される事をお勧め致します。

下記のケアフルリフォームは、無料でこういった相談にも乗っていますので、いつでもご相談下さいね。

↓『ケアフルリフォーム』の費用例&施工事例↓

千葉でおすすめリフォーム会社

職人や建築士が見積もりするリフォーム店!※施工事例は下記リンクからご確認ください

ドアや扉部分の『建具リフォーム価格相場』と知っておきたい基礎知識

価格相場と知っておきたいポイント

室内の木製建具のドアのリフォームは、そのお部屋の用途や素材や形により大きな差が発生します。

また、それぞれの部位ごとにどういう対処を行うのが通常なのか、価格の相場はいくら位なのかはしっかり把握した上でリフォーム会社に仕事は依頼しましょう。

ドアや建具のリフォームの際にかかる費用の目安と、リフォームを行う上で知っておくべきポイントをまとめてみました。

居間(リビング)のドアを交換する費用 5~20万円前後

居間(リビング)のドアを交換する費用

居間はデザイン性の高いドアを採用するので、一般的な居室のドアよりは費用がお高くなってしまいます。

普及品のデザインドアなら5万円程ですので、既存のドア撤去処分費や壁の復旧費用も含めて8万円程度~リフォームが可能となります。

木枠はそのままにし、デザインをこだわらないドアのみを作り直して取り替えるだけでしたら、5万円程度で済ませる事も可能です。

ちばリフォ君

リビングはお客様が来たりする部分。

だから来客が多いお家は、デザイン性の有る物を選ぶのがお勧めだよ!

子ども部屋や寝室などの居室のドアのリフォーム 5~15万円前後

子ども部屋や寝室などの居室のドアのリフォーム

子供部屋や寝室の場合、デザイン性無しの無地のドアや落とし込みのドアを採用します。

木枠も全て取り替える事で合計10万円程かかり、ドアのみの交換であれば5万円程の費用となる事もあります。

ちばリフォ君

来客の際にも目が付かない所だから、あまりこだわらなくてもOK。

鍵を付けると、+5,000~10,000円前後かかるよ。

トイレのドアを交換する費用相場 5~10万円前後

トイレのドアを交換する費用相場

トイレドアも小さな明かり窓が付いている程度で、シンプルなドアを採用します。

木枠の取り換えも含めると5万円程かかり、ドアのみであれば3~5万円前後から取り換えが可能となります。

ちばリフォ君

高齢者の居る家庭の場合には、費用がもっと上がってしまうけれど「引き戸」がおすすめ。

扉を開ける力少なくて済むし、もしトイレ内で倒れても扉が引っ掛かって開かないなんて事が無いんだ。

洗面脱衣室等の一本引き戸の交換費用相場 8~10万円程

洗面脱衣室等の一本引き戸の交換費用相場

洗面脱衣室などの一本引き戸の場合、木枠から全て取り替えると壁部分の補修に大きな費用がかかってしまいます。

木枠も撤去し明り取り程度の一本引き戸の場合、8~10万円程かかります。

一本引き戸の扉のみを取り換えるだけでしたら、3万円~5万円程度で取り換えが可能な事も有ります。

ちばリフォ君

洗面所は収納を増やすのを目的に、入り口を狭くリフォームしてしまう人も中にはいるんだ。

でも、洗濯機や浴室リフォーム時の設備の出し入れができなくなる事が有るので注意してね。

玄関と玄関ホールの間に引き違い戸を設ける際の価格 7~15万円程

玄関と玄関ホールの間に引き違い戸を設ける際の価格

玄関ホールの寒暖の差を解消させる為に、玄関と玄関ホールの間に引違とを新設するお宅も多くあります。

引違戸のデザインや素材にもよりますが、7~15万円前後で設置が可能となります。

ちばリフォ君

ここも、結構お客様の目に付く部分。

なので、あまり価格重視でチープなデザインは避けたい所だね。

ドア表面のシートの張替え費用 3~6万円程度

ドア表面のシートの張替え費用

ドア自体はそのままの物を採用し、ドアのシートのみを張り替えるリフォーム方法です。

ドアを外したりする手間が一切かからず、見た目が綺麗な状態に生まれ変わります。

シート材の種類にもよりますが、ドア1枚当たり3~6万円程度で張り替えが可能となります。

ちばリフォ君

良くコストカットで張替えを選ぶ人がいるけれど、ドアの交換と比べてもそんなに変わらないんだ。

結局長い目で見ると、ドアの交換の方がオトクだよ。

ドアの蝶番の取り換え価格相場 1か所 3,000~5,000円前後

ドアの蝶番の取り換え価格相場

ドアの開閉が悪くなったなと思ったら、蝶番の取り換えがオススメです。

3,000~5,000円程度での取り換えが可能となり、スムーズに快適に開閉が可能となります。

ちばリフォ君

この位ならDIYでもできるけれど、自信が有る人以外は辞めとこう。

開け閉めが結局スムーズにならないケースが多いんだ。

ドアノブの取り換え&交換費用相場 1か所 7,000~2万円程

ドアノブの取り換え&交換費用相場

ドア自体の取り換えが困難な場合は、ドアノブの取り換えだけでも見た目が見違えり使いやすくなります。

一般的な普及品のレバーハンドルで7,000円程度であり、デザイン性のあるレバーハンドルであれば2万円程かかる事もあります。

また、鍵付きの物などこだわりが有る際にはプラスで費用が掛かる事も。

ドア等の木製建具のリフォームは、これらから過ごしていくライフスタイルを考えた上でのリフォームとする事が大事です。

ちばリフォ君

高齢者になった時の事を考えるなら、ドアノブは握って回す形ではなくレバー式の物がおすすめ。

お年寄りになると握力が弱くなり、回し辛く感じるんだ。

ふすまの張替え&修理費用相場 1枚 5,000~20,000円程度

ふすまの張替え&修理費用相場

押し入れや和室の出入り口の採用されているふすまは、ふすま紙の張替えで雰囲気が一掃されます。

現代は、古いふすま紙を壁紙等に貼り替えて、シンプルで古くさくないふすまにする事が多くあります。

壁紙の張替えで1枚5,000程となり、ふすま紙に張り替える場合1枚3,000~15,000円程度の費用となります。

ふすま紙の場合は様々なグレードがありますので、選ぶふすま紙の種類により費用に大きな差が発生します。

一般的な障子の張り替え費用 1枚2,000円~

一般的な障子の張り替え費用

障子の張替えは昔は障子紙を使う事が定番でしたが、耐久性に乏しいという事で耐久性の高い障子紙を採用するお宅も多くなりました。

障子紙の場合1枚2,000円~の張替えとなりますが、耐久性の高い障子紙の場合1枚7,000~とお高くなります。

また、雪見障子の場合張り替えに手間がかかりますので、2,000円程度割増の料金となってしまいます。

和室の押入れの引き戸や折戸を取り替える際の費用相場

和室の押入れの引き戸や折戸を取り替える際の費用相場

和室の押入れをモダンな雰囲気にしたく、木製建具を希望されるお宅は大変多くあります。

既存のふすまを取り外し、既存の木枠を使って木製建具を取り付けるケースが1番早くお安く施工が可能です。

引違の木製建具であれば、2枚で50,000円程度、折り戸が希望の場合は6~10万円程度で取り換えが可能となります。

既存の青木の木枠に木材保護塗料で塗布し、木製建具に似合った木枠にリフォームします。

既存建具の解体撤去処分費用も併せて、引違戸の場合8~10万円程で、折り戸の場合9~14万円程度で取り換えが可能となります。

また、最近では和室はメンテナンスが面倒と言う事で、洋室へとリフォームされる方が増えてきています。

そういった方は、下記の記事を参考に正しいリフォームをされて下さいね。

ご存知ですか?建具リフォームする前に知っておきたい注意点

建具のリフォームは、結構皆さん気にせずデザインのみで選んでしまう方が多い部位です。

けれども、ドアの開け閉めや押入れやクローゼットの利用だったり、建具は使用頻度がとても高い部位

なのでこういった建具は、使い易さを考えてリフォームするのが正しい選択なのです。

良く将来の事を考えて段差をなくす「バリアフリー」の施工を行う方がいますが、建具においても将来の為に使い易さを考える必要が御座います。

下記にはそんな、後で後悔しない為の建具リフォームを行う為の注意点をご紹介しています。

1.木製ドアは開きドアよりも一本引き戸へリフォームする

木製ドアは開きドアよりも一本引き戸へ

年齢を増す事で物への使いやすさに不便を感じてしまうものですので、使いやすい木製建具というのは必須条件となります。

開きドアは開閉の際に面積を取ってしまいますので、意外と快適ではありません。

開閉に不便を感じたら、一本引き戸等の引き戸に変える事をオススメします。

また、開き戸にはレバーハンドルが手がかかりやすく使いやすいですが、引き戸には引手ではなく棒取手を付けると手をかけやすくなり使いやすい戸とする事が出来ます。

ちばリフォ君

引き戸は体の位置を変えたり、ねじらなくても開け閉め可能。

だから小さいお子さんや、高齢者の方でも快適なんだ。

2.ドアの部分には明るい色合いの木製建具を選ぼう

ドアの部分には明るい色合いの木製建具

木製建具には様々な色合いがありますが、年齢を増した時の事を考えると、暗っぽいドアでは目に付きにくく使用が困難になってしまう事があります。

特に夜中にトイレに行く時など、閉まっている事を勘違いしてドアにぶつかってしまう方は少なくありません。

なのでデザイン的な部分も考える必要が有りますが、木製建具には濃いカラーは採用せず、明るめのカラーを採用する事をオススメします。

ちばリフォ君

ドアを明るくするのが難しいなら、ドアノブを銀色だったり夜でも目立つ色にするといいよ。

3.木枠も取り替える場合はバリアフリーの木枠に

木枠も取り替える場合はバリアフリーの木枠に

木枠も取り替える場合は、敷居が無いバリアフリーの木枠にするようにしましょう。

年を取って来ると、敷居に足をぶつけてケガをするなど若い頃には考えられない問題が出てきます。

こういった事を考えてバリアフリーにすることで、年を取っても行き来がスムーズになり、車いすになった際にもひっかかる事無く移動が可能となります。

ちばリフォ君

若い人だって足をぶつけて痛い経験した事有るハズ。

取れるものなら、リフォーム時にとってしまおう!

建具のリフォームを行う際のポイントをまとめると…

建具リフォームのポイント

このように、木製建具のリフォームにより家族全員が安心して住めるお家にする事が出来ます。

けれども、建具のリフォームを行う際には『施工品質が高い会社』を選ばなくてはいけません。

折角バリアフリーにしたのに、段差が後々発生したり。

その場は良くても後日トラブルになりがちです。

下記のケアフルリフォームでは、最初からベテラン建築士や熟練職人が直接ご相談に乗っています。

なので、間違えのない工事を計画&実行する事が自慢の会社です。

お見積りやプランニングは無料で行っていますので、いつでもご相談下さいね。

千葉県で口コミNo.1のリフォーム会社「ケアフルリフォーム」

ケアフルリフォーム

 千葉県内で年間1000件以上の方にご相談頂き、ご指示頂いているリフォーム会社です。

ケアフルリフォームの他会社との違いとしては、下記の事がポイントになっています。

・格安な上、高品質な「コスパの高い」リフォームをご提供

・見積り時にはセールスマンでは無く知識の深いベテラン職人や建築士が担当

・技術力が売りなので、他社で断られた工事でも施工可能な事も

・リフォーム後の状況を「CG・VR」で確認できて「こうしておけば良かった」が無い

・後で追加工事が入る様なリフォームパックでは無く、一軒一軒家に合った提案を行ってくれる

 

ケアフルのリフォーム事例を確認する

※下記の項目をクリックで事例の確認ができます。

| 戸建て住宅 | マンション | 外壁塗装・サイディング | 雨漏り修理 | キッチン | 浴室工事 | 内装リフォーム|

 - 千葉で住みやすいリフォームを行う際に必要な事, 地域別のリフォーム情報, 建具