住宅の正しい床下湿気対策3選!得られる効果と悪徳業者で失敗しない秘訣

      2017/01/20

床下の正しい湿気対策

住宅の正しい床下湿気対策3選!得られる効果と悪徳業者に合わない秘訣

《目次》

【PickUp!】≫千葉県民が床下リフォームで一度は相談したい会社
営業マンが現場を診断するのでは無く、工事を担当する人が現状を確認した上での見積もりだから信頼できるんです。

ちょっと前にテレビでも話題になりましたが、悪質リフォーム会社の脅しなどで良く有るのが「湿気で床下が腐っている」と不安な気持ちにさせる様なセールストークです。

床下の湿気対策は真っ当なリフォーム会社に依頼を行おう

とは言っても、不安を煽った上で必要以上な数を高額で売りつけたり、まだ大丈夫な家にセールスを行うのが問題な訳であって、床下の湿気対策が必要と言うのは確かに重要な事なのです。

だからこそ、訪問販売等の業者を選ぶのではなく、しっかりしたリフォーム会社をお住いの地域から選ぶのが大事です。

今回はそう言った、床下の湿気対策の必要性や正しいリフォームポイント、価格目安などを詳しくご紹介して行きます。

湿気対策は家の腐敗を防ぐ!と換気口は正しく設置されていますか?

床下の換気口

床下は湿気がとてもたまりやすい場所で、放置をしておくと土台や木材を腐敗させる細菌の発生やシロアリの原因になって来たりします。

こういう事を起こさせない為の対策としては、基礎を充分な高さを取り換気口を設ける事が大事です。

現在の建築基準法でも定められている換気口のポイントとしては下記の様になります。(木造住宅の場合)

  • 地面から床の上面まで45センチ以上に設ける
  • 外壁の床下部分に5メートル以内おきに面積300㎠以上の物を設置する

こう言った事を参考に、まずあなたの家の基礎の換気口はどの程度の大きさなのかとか、間隔は正しい幅になっているのか等を確認してみて下さい。

また、時には換気口の近くに物などおいて塞いでしまっている方も見受けられますが、それでは換気口の機能が果たせませんので注意して下さいね。

こう言った床下の湿気対策を対処する正しいポイントとしては、防水シートの設置と床下換気扇の配置があります。それぞれについて詳しくご説明して行きます。

防水シートを用いた湿気対策のポイント

床下の防水シート

【チェック!】千葉県内の口コミNo1リフォーム会社
『ケアフルリフォーム』

千葉でおすすめリフォーム会社

職人や建築士が見積もりするリフォーム店!※施工事例は下記リンクからご確認ください

床下の湿気を防ぐ時に効果を発揮する方法の一つとして、防水シート(湿気防止フィルム)を利用する事です。これを床下に埋めたり、防水シートの上からコンクリートを流し込む事で床下部分の湿気を無くす効果があります

注意点としては、床を一度剥がして工事を行わなくてはいけないという事です。なので、床の張り替えと同じタイミングでやらないと損です。

大体の予算感としては、床面積50㎡程度のお宅の場合だと下記の様な価格が相場です。

床下防水シートの湿気対策のポイント

  • 土中に防水シートを埋めるケース・・・20~40万円
  • コンクリートを打設する場合・・・30~50万円

また、こう言った防水シートを引かずに湿気を取る商品(石や炭など)を床下におく業者も中にはいますが、それだけでは湿気は防げません。

むしろカビが繁殖し易くなる事も有るので注意が必要ですよ。

湿気が酷い時には床下換気扇を設置しよう

床下換気扇

湿気が多いお宅の場合だと、防水シートの処理だけでは足りないなんてケースもあります。

そう言った時には、床下換気扇の設置を検討されるのがベストです。(注意:悪質業者におかしな数や金額で売り付けられないで下さいね!)

床下換気扇は南側から暖かい空気を取り込んで、湿気と共に北側に排出する仕組みになっています。なので設置は北か西側に取り付ける形になります。

また、床下が大分狭いエリアの場合には換気口の外側に取り付ける事等でうまく順応して下さい。

床下換気扇の湿気対策のポイント

三台セットで15~25万前後(工事費込。平均値)

※悪質な業者はこの三台セットをバラで一台15万以上で販売し、時には10台以上の設置を促してきますので注意してください。

こう言ったポイントを抑えて床下の湿気対策を行って、家が長持ちする様に守ってあげて下さいね。

千葉県で口コミNo.1のリフォーム会社「ケアフルリフォーム」

ケアフルリフォーム

 千葉県での評判がとても良いリフォーム会社で、多くの方から支持を得ています。

ケアフルリフォームが人気の理由としては、下記の事がポイントになっています。

・大手以上の高品質の施工が格安で提供してくれる

・見積り時にはセールスマンでは無く職人経験の長い工事担当者が来てくれる

・しつこい売り込みや余計な部分のセールスが無い

・見積り→工事→完了→アフターフォローまで一人の担当者が行ってくれるので間違いが無い

・後で追加工事が入る様なリフォームパックでは無く、一軒一軒家に合った提案を行ってくれる

 

ケアフルのリフォーム事例を確認する

※下記の項目をクリックで事例の確認ができます。

| 戸建て住宅 | マンション | 外壁塗装・サイディング | 雨漏り修理 | キッチン | 浴室工事 | 内装リフォーム|

 - 壁紙交換や床のリフォームで知っておきたい豆知識 , ,