住みながらリフォームを行うのは損!?向いているケースと絶対ダメなケースを知ろう!

      2019/07/18

住みながらリフォーム

リフォームは仮住まいが必要?引っ越しとかできればしたく無い…。

住みながらリフォームを検討してるけれど、これって可能なの?

実際の所、住みながらと仮住まいを用意してリフォーム、どちらがオトクなの?

こういう所で色々悩まれている方も多いと思います。

当然、リフォームの規模によってどちらを選ぶべきか変わります。

あなたが考えているリフォームが、住みながらと仮住まいどちらがオトクか知るのはとってもカンタンです。

ちばリフォ君

こんにちわ!リフォーム案内人のちば子です♪

今回はそんな、
住みながらリフォームと仮住まいするのはどちらがオトクかをわかりやすく解説します!

小規模工事の場合には住みながらリフォームがオトク!

当然ながら、小規模のリフォームは住みながらでも当然行なった方が勿論お得。

1~2部屋の床壁交換や、トイレや洗面台のリフォーム等の単体工事なら住みながらがオトク。

当然住んでない場所の工事より割高にはなりますが、引っ越し代や仮住まいの家賃を考えたらコストカット出来ます。

けれども水回り3点(キッチン・バス・トイレ等)以上+間取り変更等が絡む大規模な工事の場合には、仮住まい等を見つけられた方が良い事が多いです。

ちば美

1日2日で終わる工事なら、ちょっと我慢すれば良いだけ。

だから小規模な工事なら、わざわざ仮住まいを借りる必要なんてないわ。

でも大規模なリフォームだとあなたの生活にも支障が出るし、工事期間だって当然伸びてしまって割高になるの。

次の項目では、なんでそうなるのか詳しく解説するわね!

大規模リフォームは住みながらが「割高」な3つの理由

リフォームで損をする理由

では大規模リフォームの場合、どんな理由で割高になってしまうのか?

理由は大きく分けて、下記の3つです。

理由その1:工事期間が長くなる

基本的に人が住んでいる所をリフォームすると工事期間がながくなり、その分人件費がかかってしまいます。

何しろ工事現場にご家族が住んでいるのですから、住んでいる方の荷物をどかしながら工事を行ったり、ご家族の生活スタイルを考えて施工主になるべくストレスを与えない様に職人さんも行動するからです。

当然そうなると作業効率は大分落ちてしまうので、工事期間は長くなり人件費等がかさむためリフォーム金額は高額になってきます。

理由その2:養生の費用が高額になる

人が住んでいる家をリフォームするとなると、工事を行う個所の家具や必要部位に「養生」をくまなく行わなくてはいけません。

養生とは、引っ越し等で良く見かける事が多い半透明のシートです。これを家具など傷がついたらまずい生活用品に取り付けていくのです。

その他にも、屋根や壁を取り払った所に防音壁を作ったりしなくてはいけなくなる事も有ったりするので、みなさんが想像している以上にこの金額は跳ね上がってきます。

たかがビニール製の養生といえども、塵も積もれば山となるですね。

理由その3:仮設工事の費用が発生する

当然住みながらリフォームとなると、キッチンやバス、トイレなどが数日使えなくなるために仮設を行わなくてはいけない事が有ります。

また、家の中で諸設備や配管を一時的に移動する様な、「切り回し工事」を行う必要が有る事もあり、この工事費用が数十万単位に膨れる事が有り高額です。

こういった諸費用が思ったより発生してしまう為、住みながらリフォームを行うと損になる事が多いんです。

ちば美

この他にも、家具を移動する手間賃とかも取られたり、工事が伸びた時の駐車場代だって発生したりする事が多いの。

今はリフォーム向けのマンスリーマンションとかも有るから、そういう物を賢く利用してね。

住みながらだと「精神的なストレス」を感じてしまう方も多い

リフォームにストレスを感じる奥さん

また、全面リフォーム等大規模な工事だと、奥様等のご家族のストレスの負担も当然増えてしまいます。

と言うのも、「工事の騒音」「ほこりや粉じん」「家の中に他の人が居るストレス」が顕著だから。

工事をするなら、当然騒音や粉じんは発生します。

なので小さいお子さんや高齢者の方が居たり、日中睡眠を取る様なお仕事の場合には絶対避けた方が良いでしょう。

また、なによりお家の中に職人さんが常にいるのは、結構なストレスに。

お菓子やお茶を出さなきゃ…。毎日お化粧したりお風呂に入る時間に気を付けないと…等々。

職人さんも気を使ってくれますが、色々と奥様が心労される事になり兼ねません。

ちば美

職人さんが求めてなくても、奥様の立場からすると結構気を使ってしまうもの。

ご家族みんなが気持ち良くリフォームは進めたいわ。

長期旅行などに併せて、リフォームを行うのも一つの手段よ。

コストを下げて大規模リフォームするなら「住みながら」と「仮住まい」を併用しよう

リフォーム中に引っ越し

そうは言っても、仮住まいの費用もばかにならないし…。

そんな場合には、住みながらと仮住まいの併用がおすすめ。

騒音や粉じんが大きな工事が終わるまで仮住まいしておき、ある程度工事が進んできたら引っ越すと言う物。

もちろん、工事の進捗によって計画しなくてはいけないので、最初からリフォーム会社の人と相談しつつ計画して行きましょう。

出来る出来ないは置いておいて、そういう相談にも親身に乗ってくれるかどうかが、良いリフォーム会社の一つです。

ちば美

リフォーム会社の人だって、普通はあなたにお得で気持ち良いリフォームを体感して欲しいもの。

だから遠慮せず、早めに相談するのが良いんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまで解説した事をまとめると・・・

住みながらリフォームするか迷う時

こういった事をポイントに、住みながらにするか仮住まいを用意するか検討されてくださいね。

何よりも、リフォームする時にはこういう相談も柔軟に相談に乗ってくれる所に依頼しましょう。

下記のケアフルリフォームでは、経験豊富な建築士や職人が直接ご相談に乗っています。

リフォーム相見積サイトに加盟していないので「中間マージンの無い、住みやすいが長持ちするリフォーム」を実施しています。

ご相談やお見積りは無料ですので、お気兼ねなくご連絡下さい。

千葉県で口コミNo.1のリフォーム会社「ケアフルリフォーム」

ケアフルリフォーム

 千葉県内で年間1000件以上の方にご相談頂き、ご指示頂いているリフォーム会社です。

ケアフルリフォームの他会社との違いとしては、下記の事がポイントになっています。

・格安な上、高品質な「コスパの高い」リフォームをご提供

・見積り時にはセールスマンでは無く知識の深いベテラン職人や建築士が担当

・技術力が売りなので、他社で断られた工事でも施工可能な事も

・リフォーム後の状況を「CG・VR」で確認できて「こうしておけば良かった」が無い

・後で追加工事が入る様なリフォームパックでは無く、一軒一軒家に合った提案を行ってくれる

 

ケアフルのリフォーム事例を確認する

※下記の項目をクリックで事例の確認ができます。

| 戸建て住宅 | マンション | 外壁塗装・サイディング | 雨漏り修理 | キッチン | 浴室工事 | 内装リフォーム|

 - 戸建ての二世帯住宅やフルリフォーム , ,